« 深北フルコース | トップページ | とんぼのめがね »

2007年1月30日 (火)

りこの存在

ちひろの「せいかつ科」の宿題プリントをしました。

自分が生まれたときのこと・・周りがどんなふうに思っていたか。

1歳~2歳の頃のこと。

3歳~4歳の頃のこと。

Photo_20 写真を見返してて、我が家にちひろはもちろん、りこが生まれたことの意味の大きさを改めて感じていました。Photo_21

りこは生まれたその時からちひろがいたわけで、よく動く兄の存在を一番感じながら育ってきたのでしょう。

ちひろはりこが大好きで、いつも一緒に横に寝転がってかまっては、周りをヒヤヒヤさせていました。

Photo_22 「りとちゃん」

まだほとんど喋れないちひろが、名前を呼ぶことを覚えました。

Photo_23 「かわいい」という気持ちをりこに教わったと思います。

Photo_24 りこはお兄ちゃんを追いかけて追いかけて、なんでもマネをして、よく笑いよく泣いてました。

ちひろが一番苦手とする「コミュニケーションの力」はどんなときも傍にいるりこの存在によって日々育っていったと思います。

実はりこは2410gと小さく生まれて、一晩保育器に入っていました。

マタニティブルーの私が助産婦さんに

「この子にもし障害があるのなら、今すぐ言ってください(涙)」

なんて泣いたもので、優しい助産婦さんは

「大丈夫!この子は小さいけど、ピリっとしてるわよ♪」

りこの名前の由来はここにあって、凜子は冷たい雪の中でもリンと自分の花を咲かせる芯の強い人にとの願いが込もっています。

最近りこはすっかり「ちっさい大阪のおばちゃん化」してるけど・・

兄妹って運命を重く感じないで、とてもキラキラしたつながりを感じて、一緒に育っていってほしいと心から思います。

Photo_25 「生まれてきてくれてありがとう」の気持ちは生まれたときの感動からずっと変らない。

ずっと一緒に二人を見つめていたい。

|

« 深北フルコース | トップページ | とんぼのめがね »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

これからもよろしくおねがいします。y(^∀^)y

投稿: ☆クロ☆ | 2007年1月30日 (火) 17時43分

>クロさん
うんうん♪
親心ってみんなそうなんよぉ~。

投稿: chiricoro | 2007年1月30日 (火) 19時42分

親子とか兄弟姉妹って、どちらが先に産まれたとか関係なく、育てあって成長するもんなんやなぁって、こうたが産まれてからつくづく感じてます。
ちひろくんとりこちゃんも、chirikoroパパママさんの 「生まれてきてくれてありがとう」のメッセージをしっかりと受けとめて、もっともっと伸びやかに成長してくれるといいですね。
こうたには弟や妹はいないけれど(まだ頑張るつもりではいるのですが・・・ぇへ)、今のところは、主人や私を一人前の親にすべく、日々奮闘してくれています。
おっぺけぺーな子供ですが、やっぱりかけがえのない存在です(^^)

投稿: こうたママ | 2007年1月30日 (火) 22時11分

>こうたママさま
本当ですね♪
子供に日々教わりながら親として人間として一緒に成長させてもらってる気がします。
おっぺけぺー♪なこうたくんは、これからもパパママの愛情をめいっぱい受けながら、のびのびと成長していくのでしょうね。
まだまだ弟妹・・がんばってや!(でへっ♪)

投稿: chiricoro | 2007年1月31日 (水) 20時32分

素敵ですね(ToT)ちいくんとりこちゃん、それを温かく見守るパパママの姿も・・・
うちのシャオランもシャララも、自分では深く意識しないでも、お互いの存在を大切に育っていってくれたらなと思います。
今回の宿題、大切なことを再認識することができて、とても意味ある宿題でしたね。

投稿: gaako | 2007年2月 1日 (木) 01時25分

小さい頃のことを書きしるしたものを読んでいたら、1歳9ヶ月の頃の欄に「ちいくんが大好きで、ちいちゃん、ちいちゃんと呼んでいます」とありましたo(^o^)o
シャオランは最近、あと少しで2年生も終わり・・・ということを感じ始めたのか?今日、「3年生もちいくんと○○くんと一緒のクラスだったらいいなあ」と言ってました。
ほんと一緒だったらいいのにね(~▽~@)♪♪♪

投稿: gaako | 2007年2月 1日 (木) 01時30分

>gaakoさま
ありがとうございますぅ♪
確かに今回の宿題は「子供に伝えたいこと」を親も一緒に再認識できる良い機会を与えてくれましたね。
「ちいちゃん」と呼んでくれてた小さくて可愛いシャオランくんのこと、私もよく覚えてますよ♪
かわいい妹シャララちゃんが生まれて、すっかり優しいお兄ちゃん!兄妹仲良くスクスク育っていってほしいですよね~。
三年生!おんなじクラスを望む思いははちひろと私の一方通行だけじゃないないなんて感激~っ!

投稿: chiricoro | 2007年2月 1日 (木) 02時47分

子供の存在って偉大ですよね。教えるより教えられる方が多いくらい、純粋で、垢にまみれた僕などは嫌悪の対象みたいで、先日、子供たち2人から縁を切られました。「ちょっと、そこのおじさん」って呼ばれてます。親からはこんなに命に替えてもいいくらい可愛がっているのに。。。因果応報やな。

投稿: こうき | 2007年2月 6日 (火) 00時09分

>こうきさま
なるほど、かわいいばかりの子供達も思春期を迎えると、オトナとコドモの間で葛藤するのですね。
最近の子供達は私達の頃とは全然違う環境で日々ストレスにさらされているようですし、自分が育ったようにはいかないのですね・・難しいです。
ワンコを可愛がる方がずっとシンプルでホッとしますかね~・・

投稿: chiricoro | 2007年2月 6日 (火) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184046/5132071

この記事へのトラックバック一覧です: りこの存在:

« 深北フルコース | トップページ | とんぼのめがね »