« ヒコツニュース ⑤ | トップページ | ヒコツニュース ⑥ »

2007年3月 9日 (金)

回想

最近テレビなんかでわりと取り上げられるようになったが、自閉症の特性としてフラッシュバックなるものがある。過去の体験を思い出し、現実との区別がつきにくくなること。実は本人にとってみればタイムスリップと全く同じくらい現実感があるらしい。

ちひろもたまに今まで笑っていたとおもったら、急におびえて泣いていることがある。そんなときは大丈夫だよって抱っこしてあげるのだが・・・。

今思い出してもかわいそうにと胸が切なくなる思い出がある。

ちひろがまだ3歳で、りこが生まれてまもなくの夏、妹家族が遊びに来た。何処かに遊びに行こうということでママとりこは留守番でちひろとパパは皆でUSJに出かけた。

Usj

Photo_54 お盆の激暑の中、初めての場所・人ごみが嫌いなちひろはなんとなく不安そう。

当時のちひろはまだ何も喋れず「あ、あ」とかうなるだけで、本当にわが子ながらやりにくいやつだと思っていた。

3 せっかく来たんだからとちひろと同じ年のいとこと一緒にアトラクションを楽しもうということになった。

まだちひろが自閉症だということも知らず、自閉症の特性も勉強していなかった俺達は色々な経験をさせて成長を促そうと必死だった。ちひろといて楽しくて、妹の家族と楽しんでいたノリもあり、「ちーくん、お船のろうか」と誘い、長い行列の中必死で親子で順番を待っていた。

順番が回ってきてニコニコのちひろだったのだが、

乗ったのはこれ 

Photo_92 ちひろは大泣きで船から飛び降りようとしてあわてて捕まえていた。

まわりのみんなは微笑ましい光景に「かわいい」なんて言ってたけど。

その後のちひろ何してもだめ。泣いてばかり。ドコ行ってもだめ。

Photo_53

妹家族には勝手に遊んでてもらい、ずーっとちひろと二人ジュース飲んでベンチに座ってた。

その時はその時でちひろのこと大事に思ってたんだけど、あの頃よりちひろをずっと深く理解できている今となってはパパにはつらい思い出です。

それから約2年あまり、本当にどこにも出かけられない時期があった。

遊園地も買い物施設も外食も・・

小さなちひろの中で「タイムスリップ」現象が激しかったように思う

今も突然泣き出すとあのときのこと思い出してるのかな・・・とちょっと心配してしまう。

考えたらひどい親だよね。

ちなみに一昨年やっとリベンジしたUSJだが、ちひろはジョーズへの道を一歩も進まず、「エルモ」にだけ会って帰ってきた。

Photo_55 ちひろ、少しずつでもいい思い出つくりにまたUSJ行こうな! 

 BY PAPA

|

« ヒコツニュース ⑤ | トップページ | ヒコツニュース ⑥ »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

つらい思い出の過去を乗り越えて今の明るい元気なちひろが居る訳で、そんなちひろのぱぱ&ままはすんばらしいよ!!

投稿: aki | 2007年3月 9日 (金) 03時32分

akiさん
 ありがとうございます。最近はちひろにとって楽しいことって何かを探すことに悩むことはなくなりました。基本的にBMX乗ってたら最高ですから。親子とも。
 当時に比べたらちひろは本当に成長してます。
楽しいと思える時間の長さと正比例しているのかもしれません。

投稿: 波波 | 2007年3月 9日 (金) 04時14分

>akiさま
ありがとうございます。
休みの日に何をしようか=「余暇支援」っていうものにわざわざ出かけていくお友達もたくさんいます。
bmxとの出会いが今のちひろと私達家族の生活の基盤であり、毎日の心の支えにもなっています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: chiricoro | 2007年3月 9日 (金) 14時25分

うん!そうだよ!無理せずちょっとずつすればいいよ!

投稿: ☆クロ☆ | 2007年3月 9日 (金) 22時07分

いや~、ホント若い頃ってバカですよね。そのときは「良かれ」と思って必死にやっていたことが振り返ると、いろんな人を傷つけていたり、ただの自己満足だったり。。。でも、そうやって気づいて勉強になったこともいっぱいあるし、それをしなかったら気づけないこともたくさんあったはず。人間の「生きる」という行為には全て意味がある、とある怪しい坊主が言ってましたが、一理あるんじゃないかと思います。「どんな人になりたいか」よりも、「どんな生き方をしたいのか」を考えてこれからもその瞬間、瞬間のベストを尽くせばいいんでしょうね。謙虚と感謝です。

投稿: こうき | 2007年3月10日 (土) 16時51分

>クロちゃん
うん!無理せず自分達のペースで♪大事なことだよね♪

>こうきさま
ありがとうございます。
ちひろの就学で悩みまくってたとき、最後は「学校選びではなく生き方の選択だなぁ」と感じて校区を選びました。
岐路に立ったとき、どちらを選んでも間違いなどないのかなとも思います。
どの道を歩んでも無駄なことなど一つもない・・確かにちょっと宗教的ですがその瞬間瞬間に最良を尽くすようにと心がけたいです・・

投稿: chiricoro | 2007年3月11日 (日) 11時07分

子供の担任が不適切教師で我が家は大変なことになっていますが、深夜30時間にもおよぶ学校責任者&関係者への怒鳴り込みと、教育委員会&府会議員&市会議員からの口利きで、なんとか好転しそうな状況です。しかし教師という人種の愚かなこと。。。あきれます。今後はマスコミを使って追い込むつもりです。既に何人かの社会部の記者やTVの報道プロデューサーに話はつけてあるし。学校も僕なんかを敵にまわすからこんなことになるんです。しばらくの間は学校改革をして地域貢献をすることにします。改革委員会を立ち上げることを要請しているので委員長をするつもりで勉強中です。

投稿: こうき | 2007年3月11日 (日) 18時11分

>こうきさま
絶対敵に回したくない人です・・ずぇったいの絶対っ!

投稿: chiricoro | 2007年3月11日 (日) 20時28分

こうきさん
う~ん、怒ってますね。
なにがあったかわからないけど、
子どものこととなるとやはりそうなりますよね。
職業柄耳がいたいこともありますが陰ながら応援してます。

投稿: 波波 | 2007年3月12日 (月) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184046/5621489

この記事へのトラックバック一覧です: 回想:

« ヒコツニュース ⑤ | トップページ | ヒコツニュース ⑥ »