« 運動会やでっ | トップページ | おたんじょうびケーキ »

2007年10月 4日 (木)

ちひろ運動会

Photo 運動会が終わって、かえる道すがら、たくさんのお母さんたちに声をかけてもらいました。

「ちぃくん、がんばってたね。」

「ちぃくん、どこにいるのか分からないくらいとけこんでたね。」

・・・ありがとうございました。

Photo_2

体操服は上だけしか着れなかったけど、

心の支え=仮面ライダーの本は終始手放せなかったけど、

Photo_3 やっぱり途中で泣いてもいたけれど

たくさんの温かい人たちに見守られて、ちひろは最後までがんばりきりました。

今のちひろのありのままの姿でした。

楽しめるとこは楽しんで

飛び出してしまう場面もあって

頑張れるところはとてもがんばってました。

先生が『「自分との戦い」に向き合ってる姿はけなげでしたね。』

と言ってくださいました。

これがちひろのミルクムナリ。

今年一番の泣ける映像でした。

|

« 運動会やでっ | トップページ | おたんじょうびケーキ »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

どうにも気になってさ。
ご飯の支度の途中でPCをのぞいてるのよ。
おばちゃんは今、ミルクムナリのクリップを観て、小さく「よっしゃ!」ってガッツポーズしたよ。
ちぃくん本人の感想も聞いてみたいわ。

投稿: こうたママ | 2007年10月 4日 (木) 17時25分

>心の支え=仮面ライダーの本

ぜったい必要ですよね。

ミルクムナリの映像、何度も見てしまいました(感動)。
頑張りましたね〜ちひろくん。

ウチは5月に運動会でした。
練習の最初は、他の生徒さんも動きがバラバラだったり、先生の指示も飛び交うので、回りが
まとまってから参加するようにしていました。

投稿: ja12c | 2007年10月 4日 (木) 22時26分

ちひろちゃーんとできてんじゃ~ん!!かっこいい~!!おつかれさん!!

ぱぱとままとりこちんもね!!

投稿: aki | 2007年10月 5日 (金) 01時57分

>こうたママさま
うぅっ、ありがとうですっ。
まるでわが子か孫のことのように気にかけてもらって、とても光栄です。。
まさに小さくガッツポーズって感じでした。
時折見せる楽しそうな顔がとても嬉しかった。。。
何より「楽しい運動会」であってほしかったから。。。

>ia12cさま
一緒に感動していただいて・・ありがとうございます!
五月に運動会なんですね。
練習の後半から参加・・なるほどです。
見通しがもてないことは絶対苦手ですものね。ちひろも練習の前半にチックを起こしてましたし・・。

何でもないこと、取るに足らないと思われるあたりまえの中に、本人にはとても耐えられないことがいつもより溢れている、ほんと大変な行事ですよね。
そんな日の心の支えのライダー本が観音開きでとても扱いにくくて・・・途中でやっぱり破れてしまって・・泣いてしまいました。

ちなみにちひろの運動会歴はずっと悲惨です。。
保育所のときは、ホールから一歩も出れずに、出番の瞬間だけ、当時こっていたぶら下がり棒にぶら下がったまま両側から先生に棒ごと運ばれて、トラック一周して拍手をもらってました。本人走ってないし(笑)。
昨年の様子は前のブログに載せましたがやはり悲惨でした。
『自転車大好き物語』
http://chiricoro-bmx.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_cd47.html#comments
だからそれを知っているお母さんほど、一緒に大きな拍手を送ってくださったようです。
当日の結果よりそれまで積み重ねてきた過程の中にこそたくさん学ぶことがあったとは思いますが・・運動会のたび、年々そんな方たちが増えてきて嬉しいこともいっぱいです。
人間関係に不器用な私はいつもちひろを通してヒトの温もりを感じさせてもらっていますです。。。。

投稿: chiricoro | 2007年10月 5日 (金) 02時08分

>akiさま
ありがとうございますっ!
ちょうど昨年の運動会ブログの中のakiさんの温かい書き込みを読み返してしみじみしていたところでした。
ちゃーんと・・はできてないけど、太鼓をたたくリズムだけは一度も間違えなくて、感心しました。
ちひろのこだわりかな~(笑)

投稿: chiricoro | 2007年10月 5日 (金) 02時16分

初めてレスします。マギーともうします。
我が家のフシギ君は今年1年生になって運動会の日を迎えました。ダンスは列にいて隊形移動はしたけど全く何もせず立ってただけ。でもそれ以外は開会式(ラジオ体操)も50m走も玉入れも応援合戦も閉会式(整理体操)もそれなりにやってました。
私も保育所時代の我が子を知っているだけに、成長したなぁと思いました。極論言えば、運動会は義務教育の間だけで将来の自立には必要ないことだからできなくてもいいや、と思ってました。あきらめた訳じゃないけど、自立スキルにはそんなに重要じゃないと思ってました。
でも、やってくれるとやっぱりうれしい。できるとうれしい。そういう小さな成功体験を積み重ねることが実は大切なのでしょうね。
いろいろと考えさせられました。

投稿: マギー | 2007年10月10日 (水) 13時37分

>マギーさま
はじめまして。
お越しいただきありがとうございます。
確かに「運動会はだれのもの?」って思わせる中身になっていないか気になるところはありますね。
でもお子様が少しでも楽しめるところがあったならそれがその年の運動会の意義っていうか、○だったことでいいのではないでしょうかね~。
イチイチ細かい振り付けがデキタとかそんなんより、運動会はイヤだけど、運動会のココは○♪ってとこが本人にもあってほしいなーと思います。
成功だけでなく、失敗も無駄にしなければそれはこの先○なことになるんでしょうし~。

「自立スキル」って難しい言葉ですよね。
でも一人でできることだけが「自立」じゃなくて、周りの人を巻き込んでいく自立であればいいと私は思います。
「だれも一人でなんて生きていけない」ですしね。

ちひろが得たものはちひろの中に確実に育っていきます。
みんながミルクムナリを忘れてもちひろは忘れないです。
忘れないちひろを忘れない、自然な周りであってほしいです。。。

楽観的なブログですがどうぞまた遊びにいらしてくださいませです。

投稿: chiricoro | 2007年10月11日 (木) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184046/8232481

この記事へのトラックバック一覧です: ちひろ運動会:

« 運動会やでっ | トップページ | おたんじょうびケーキ »