« USJへの挑戦 | トップページ | gスケ »

2008年12月24日 (水)

USJの一日は

Photo 無事いってまいりました。

TDRもそうですが、USJにも「ゲストサポートサービス」という、まさにとても助かるサービスがあります。

ちひろ連れの我々のような家族にとって、「○○分待ち」という表示は「待てないと乗れません」ということ。

Photo_2 そういう時同じように待たねばならないけれど、他の場所で待っててもいいこのサービスのおかげで、無事目的のアトラクションに乗ることができました。

ありがたやありがたや。

『ジョーズ』

消せない記憶システムを持つちひろが、悪夢のジョーズに笑って乗れたのは、きっと「アトラクションの意味」が分かるまで成長したからですね。

「アトラクション」には必ず「終わり」があって、「途中のスリルを楽しめばいい」位の理解ができるようになったんです。

Photo_5 もちろん、いつも一緒のりこが一緒。

Photo_4 家族も一緒の安心感もあったでしょうし。

とにかく、待ちじかん以外はご機嫌でした。

自ら乗りたがったのは「エルモ」ただひとつやけど。

『ジュラシックパーク』なんて、もう一回乗りたがる位。

恐竜に水をかけられて、大笑いしてました。

『スパイダーマン』では、ラストで車酔い状態になってしまったけど。

早く帰りたくなって嫌がってた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でも、目を輝かせて笑ってました。

Photo_3小雨が降ったりやんだりでも、カッパと傘でオッケー。

示したアトラクションには次々「のります」。

心配してた「夕食メニュー」も『カレー』で解決。

りこは「怖すぎてもういやだ」とは言ってたけど念願果たせたし。

ツリーもキレイ。

すごいよすごい。

だけど、ちひろにとってUSJは,『こなさなければならないスケジュール』だったようでした。

これが最後と何度も確認して乗った『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が終わると、

どんどん出口へ。

すごい早足。

ち 「がんばった。明日、ジースケいく。自転車のる。ちいくんジャンプするよぉ。」

そっかー。

やらねばならんことをこなした「ごほうび」は『ジースケ』なんやね。

そして、本当に、翌日のgでちひろは確かにもう一回り大きく成長したところを見せてくれました!!

Photo_6 Merry Christmas !

Img_3058・・・to be continued !!

|

« USJへの挑戦 | トップページ | gスケ »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184046/26441958

この記事へのトラックバック一覧です: USJの一日は:

« USJへの挑戦 | トップページ | gスケ »