« りこチャリプチ改造 | トップページ | 100円とおばかな波波 »

2009年8月21日 (金)

スイミングその後

スイミング教室っていうのは、どこでも大体

1か月に一回進級テストがあって

テストに受かればどんどん上のクラスに上がっていくようになってるようです。

りこと同じクラスでスタートしたちひろ。

進級テストの意味も分からないし、

テストだからとがんばることもないです。

りこは毎月進級していくので、すっかり別のクラス。

それでも全然気にせず、毎回楽しくやれてるので

「ちひろに進級なんて関係ないわ」

とタカをくくって見守ってました。

そしたら今日

「磨磨さん、○○コーチが呼んでますよ」

うーむ、なにやろ、

もう手に負えませんっていわれるんやろか・・

とドキドキでした

〇○コーチ 「今日、ちひろ君に一回だけ!の約束したら、ちゃんと5メートルをキレイな脚型で泳いでくれたんですよ!あとはメチャメチャでしたが。。来週のテストの時今日みたいにできたら合格できます!・・なんとかテストのときにやってくれるように、してやりたくて。。」

もうビックリ!

ちひろが上手くできるということより

コーチがそんな風に考えてくれてたことが、です。

一学期の終わり、学校の水泳テストのとき

6年生やみんなの前で、クロールで七メートルも泳いで

みんなにいっっぱい拍手もらって、喜んでたちひろの話を

コーチに「おかげさまで」と話した時も、すごくうれしそうにしてくれてたけど。

スイミング教室に、そんないろいろ求めてないって

思ってた自分を反省しました。

ちひろに関わってくれる人の

真剣さとか熱意とか

なんとかしてやりたいという情熱とかが

ひしひしひしひし

あー、なんて、やりにくいヤツだ・・

という思いの繰り返しの中から

そんな魔法のような気持ちを呼び起こしてしまう。。。

人の心の奥の本質に問いかけられる瞬間に出会ってしまう。。。

それは、もしかしたら

ちひろマジックなのかもしれないと

大親バカな磨磨は思ったのでした。

とにかく、コーチも本気なんやと分かったんで

が、が、がんばります、私も。

Photo_4 ・・ちひろは・・・しりませんけどね。。

|

« りこチャリプチ改造 | トップページ | 100円とおばかな波波 »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184046/31012842

この記事へのトラックバック一覧です: スイミングその後:

« りこチャリプチ改造 | トップページ | 100円とおばかな波波 »