« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

初めての歯医者さん

磨磨と波波は自慢じゃないけど、歯はボロボロです。

でもなぜか、うちの子どもたちは虫歯ゼロで

これまで歯医者の経験もゼロ。

でも、痛くなってからじゃ大変だから

練習で、一回でも通っておいたほうがいい。。

分かっちゃいるけど、自分が治療行くのさえなかなか足が進まないもんですしー

とにかく一回も行ったことなかったちひろを連れて

本日初めての歯医者さんへ行ってきました。

まずは磨磨の治療を横の椅子で見学。

Photo

・・っていうか、横の椅子でDSしてました。

その次はりこが治療椅子へ。

Photo_2

りこも歯医者さん初めて・・で、とりあえず健診。

医師 「りこちゃん、すごくキレイな歯やね~」

と言ってもらえてニコニコ。

それをちひろはすぐそばの椅子で見学。

っていうか、DS。。

Photo_3

医師 「じゃ、ちひろくん、次、座ってみる?」

ち 「すわらない。」

医師 「あ・・そう・・じゃ、今度ね。」

ち 「ちいくん、歯、あーん、しない!!」

と、拒否でした。

ま、最初はグーですしね。(゚ー゚;

はい、よくがんばりましたー・・・( ^ω^ )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

防災訓練

今日は地域の「防災訓練」に参加してきました。

まずは放水!

Photo

水遊び大好きのちひろは目がクギ付けでしたが

磨磨の顔をチラチラみながら、だんだんホースに近づいて行くもんで

磨 「ちひろ!・・お兄さんは??」

ち 「・・・あかんなあ~・・しないよー・・」

と、えへら笑いを浮かべてその場で見るだけでおさまりました。

お次は「地震体験」

トラックの荷台に特別装備された「地震体験部屋セット」に乗りこみます。

Photo_2

消防隊のお姉さんが

「はい、震度4・・5・・6・・7!!」

で、揺れがupどんどんはげしくなるというもの。

ちひろは「地震」をなんとなく理解している模様でしたが

机の下に入ってこんなに「激しい揺れ」を体験したのは初めて。

怖がることなく、

「やってみよう・乗ってみよう」

という気持ちになるのは・・アトラクション効果かい??

参加した大人は

「これが現実に来たら大変だ」

と感じて、うーん・・となりますが

ちひろに限らず、子どもたちは・・アトラクション的に楽しんでしまってましたね。

お次は「煙体験ハウス」

「実際火事の時、逃げるのは一人です!おててつないでは行けませんよ!」

と言われた訳が分かりました。

Photo_3

体験の煙でも、二三歩歩くと、もう前を歩いてるはずの

りこの背中は全く見えなくなりました・・こわー・・

「やっぱ煙探知機、つけなくちゃ・・」

そう思ってる磨磨を尻目に、子どもたちは

「もう一回入ろうーー!!」

とノリノリで、不謹慎でした、スミマセン。。ヾ(_ _*)・・・

防災用の飲料水タンク運びに

消火器での放水体験をして

次は「心臓マッサージに蘇生術」

Photo_4

「心臓マッサージの早さは「もしもしカメよ♪」の歌のリズムで」

と聞いたからって、大声で楽しそうに全部歌ってしまうりこには参りました。。

り 「・・・♪どーしてそーんなにノーロイのかー♪」

(おまえがじゃー!(`Д´メ))

最後に炊き出しの「ご飯」と「豚汁」をいただいて。。んまーい♪

母子で、とても貴重な体験ができました。

地域の方々、ありがとうございました。

数々多々不謹慎をお許しください・・m(. ̄  ̄.)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

春休みです

春休みですねぇ。

雨ばっかりで、どんよりどよどよスタートでしたが

ちょこっとお日さまも顔を出してくれると

ぽっかぽっかの春を感じます。

ちらほら桜も咲き始めました。

サンジのお散歩では

りこはちゃんとウ○チもとってくれるし

とっても頼りになるおねえちゃんです。

Photo

変身しながらついて来る

世話のかかる兄もいますんで

妹としても頼りになります。

とにかく二人+一匹とも、一日中一緒にいますんで

否応なしに

ちひろも、また一歩サンジに慣れてきました。

サンジがウロウロしてるダイニングで食事をし、

リビングで一緒のコタツに入ってても平気なんですよ~。

Photo_2

ちなみにJAPANを背負ってるサンジの服も

ちひろが選び、買ってやれと持ってきました。

サンジも男らしく見えるやん。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のだめ

あ~、今はまりまくってます。

え~、いまごろ?です。

①巻がピアノの先生のとこにあって、

読み始めたら止まらなくなって

マンガ王波波も巻き込んで、

一気にオトナ買い!です。

りこも読みたがって、

「漢字が難しすぎるぅ~!」

ってんで、最近、夕食後の読み聞かせはコレです。

Nodame

マンガの読み聞かせ。。。タイヘン。。。

まー、いっか、おもしろいしな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

五年生最終回

ついに学年末。

一年分の大量の教材・作品・荷物を持って帰って来ましたね。(ぎゃぼ~)

「六年生になる!!」

ちひろの目下の目標の言葉です。

しかし、

それを聞くたびに磨磨は心臓をキュッと掴まれたような心境になります。

今年一年のちひろは

人と関わりたい気持ちが急成長した分、

トラブルも急増しました。

ちひろの成長に助けられながらも

ちひろを助けてやることは、あんまりできなかったと

今も反省ばかりがたっています。

そんな気持ちで「五年生最終回」となってしまいました。

。。そんな修了式の日の夕方、先生から電話をいただきました。

「ひまわり担任の○○先生は、春から異動で、今日が最後だったんです。

 最後に学校を出るとき、周りの先生方はみんな忙しくて。。

 でもちひろだけが、ただ一人ついてきて

 『○○先生、最終回?お見送りする!』

 って、校門まで来て、見送ってくれた・・・って

 後で感激した!てメール来たんですよ。。」

ちひろは知っていたのか?

まさか。

(磨磨も知らんかったし)

そんな事情も

気持ちを通じ合わせる術も持ち合わせていないはずの

自閉症ちひろ・・

「最終回」の意味だって自己流だけど・・

それでも、なにか引き合うもんを感じたのかもしれん。

何はともあれ

お世話になった先生に、ちゃあんと通じてよかったね。

最後に先生に喜んでもらえて、本当に良かった。。

そう、「五年生最終回」は、こうして、

ちひろが、自分で、きっちり、やりとげたのでした。。(ρ_;)

Ayumi5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

そして100円

お天気も持ち直して、楽しい連休になりました。

ラストはやっぱ「100円」です。

Photo

昨日の滑り台・・いや、

大泉ジャムの熱も冷めやらず・・で、

子どもたちもお父さんたちも、

すっかり時間を忘れて、

今日も暗くなるまで乗ってました。

100円のジャンランに、今日はチカちゃんもチャレンジしてましたよ。

Photo_3

ち 「めっちゃがんばったし、 おとーさん、なんか買ってやー!」

うんうん、買ってもらってね~♪

サンジは今日もいろんなキッズに連れ歩いてもらってました。。。

Photo_4

ありがとー♪

すぐ隣の河川敷の道までbmxがあふれて

チャリ大暴走大会もアリで~

Photo_5

それにしても、

てっちゃんのノーブレーキリズムはしゅごいわ。

りこのリズムと一瞬交換してた時、

り 「げ? これ、ブレーキないーこわっ!」

て 「お? コレ、ブレーキあるし、安心やな♪」

Photo_2

二人 「あっはっはっは・・・」

。。。。

次は四月の桜の恒例イベント。

「深北JAM」で会おう!

でっかいトレイルに果敢に突っ込むキッズライダーが

今年は急増することまちがいなしです♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

大泉フリージャム

第二京阪開通で、お昼出発でも余裕かなと油断してました。

しかし、ひらかた東インター入り口は混みまくりでイライラ!

それでも乗ったら30分であっちゅーまに松原、堺!

(門真、近畿道近すぎです。ナビの画面どおり空飛んでる感じね。)

なんとか1時には大泉到着!ギリギリ~。ほえ~。

すでにヨッシーロさん一家、お隣さん一家、後からチチさんも来はって

「はじめまして!!」

とていねいなご挨拶をもらっちゃいましたぁ。(照れ~(*゚ー゚*))

っていっても、子どもたちにおやじたちは、すっかりお友達やし

磨磨だけやっと仲間入りって感じでしたけど。

サンジも一緒にご挨拶できたし、いよいよ楽しいスタート。

22

進化し続けるチャンプ・リムくんのジャンランジャンプを見て

ちひろも「ちいくん、ジャンプやるー。」

2

おにいちゃんがやるなら

2_2

「りこもやる~」のちりころ兄妹です。

2_3

150_2

さんざん飛んだ後

「ダート乗れるらしいよ!行こうか!」

で移動~。。

1

ここでも子どもたち同志、わあわあ言いながら

スタート地点からゴールまで、

土のコースを並んで、抜きつ抜かれつ走り抜け

「もう一回いくぞー!」

で何回も何回も

よーいい、ドン!

2_4

久しぶりにこのコースを走るちひろとりこを見て

カゴのついた普通のジュニアサイクルで、

初めてここを走っていた、四年前のちひろを思い出していました。

なんて楽しそうなカオするんやろ・・と思ったもんです。

もちろん今日も最高ーー!

2_5

たのしーーー!!!

って顔です。

自転車に乗ることが楽しい!

そして、誰かと一緒に乗りたい!!

大きく成長したもんです。。。

最後はもちろん

大泉名物?最強・最大の滑り台へ。

「きゃーーーー!!♪♪」

2_6

いつまでも子どもたちの

笑い声が鳴りやまぬ、大泉公園でした。

お父さんたちも、心の底から、楽しそうやったし!!

サンジはずーーと女の子チームに遊んでもらってましたね。

みなさん、ありがとうございましたー(◎´∀`)ノ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

連休は自転車だ!

やっとこやっとこ

波波にも、まともな日曜日がもらえそうです。

今度の週末は磨磨もお仕事お休みできそうですし。

念願の

「大泉」遠征宣言!!

春だ!自転車全員集合宣言!!

チリコロ、行きまーす!!

おっと、しかももしかしていよいよ「第二京阪」開通!?

こりゃあ、堺も近いやん。

え?

ToshiゴンさんとこのJAMって

今回大泉開催なんですって!?

こりゃbmxだらけやね。。

楽しみ楽しみ~♪

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

卒業式の日

今日は午前中は、ポカポカ良いお天気でしたね。

無事「卒業式」を終えました。

いや、ちひろは五年生なんで、見送るだけでしたが。

それでも例の合奏の「オルガン」やら

前日にブン投げてぶっ壊したという「すず」も

「歌」も在校生の「送る言葉」も

そして最も心配だった

長い式の間中

「静かにすわっていられるか?」

「いらんことを言わないか」

(例:校長先生の話の途中で「はい、おわり!」とか・・)

「聞く態度が失礼にならないか?」

(例:フードを被ったり、ダラけてすわったり、キョロキョロしたり)

「お友達に迷惑かけないか?」

(前の人の髪を触ったり、ちょっかい出したり・・)

普段なら「まー、ちーくんやし・・」で笑って許してくれはるでしょうが

やはり「六年生とその保護者にとって、小学校最後の記念すべき日」

に泥をぬってしまわないことを祈るばかりでした。

「卒業証書授与式」の練習では

大好きな六年生の名前が呼ばれると、

ちひろも 「ハイ!」

と元気いっぱいニコニコ立ち上がったりしてたようですが・・

今日は終始黙って見つめていたそうです。

。。。

先生曰く

「パーフェクトでした!誉めてあげてください!!」

・・よかったぁ~やれやれ・・です。

帰りに、校門を出る前の六年生たちと

最後にたくさん「記念写真」を撮ってもらいました。

Photo

「ちいくんも一緒に入り!」

自然にそう言ってくれる、頼れる、大好きな六年生たち。

ほんっとに、ありがとう!

ち 「六年生、最終回です」

入学からのちひろをずっと見守ってくれてた君たちがいない学校で

「四月に六年生になるちひろ」がとても心配ですけど。。

とにかく、今日は

おめでとう!!そして、いっぱいのありがとう!!

の気持ちをちひろなりに伝えられたと思います。。。(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

スポッチャ!

土曜日は、子ども会の「六年生を送る会」で行ってきました。

ラウンド1でボーリングはしたことあったけど

「スポッチャ」は初めてでした。

まずはサッカー

Photo_2

で、ライダーキック。

ゴルフは仲良し変身友達のハルくんと。

Photo_3

めちゃくちゃでもええええ。

次はバスケ。

Photo_4

なんでもやってみようと、マネするようになって感心。。

ビックリしたのはローラースケートも「ヤル!」と言ったこと。

Photo_5

初めてでも、なんとなく乗れるもんなのね。

転ぶのは得意ですし。

でもちひろが一番やりたがったのはコレ!

Photo_6

ポケバイ!!

乗車の条件が難しいかと思いきや

なんとか小学生でも身長130センチ&保護者の同意でクリアー。

Photo_7

レース形式でスタート!

ここでもスタートの合図でパッと出発できないちひろは

五番目でのんびりスタート。

思ったよりスピードも出なくて安全でしたね。

とっても楽しかったみたいで。。。

ち 「もう一回!・・またスポッチャいこうね!!」

こんな近くであこがれの「バイク」に乗れたなんて。

灯台もとくらしでした。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

ホワイトデー

コレおいしいですよね!

Photo

カリカリ食感にしたパンのミミにチョコたっぷり!

「んッ!んまいっ!ボリボリボリ。。」

ってな感じでとまりません。

残念ながら近所のスーパーで売ってなくて

時々パパが買って帰ってきてくれるのを待つばかり・・

波波 「ほい、おみやげ~♪」

今日もコレでした。

リコと分け分けです。。ボリボリボリ。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

松心園と品川裕香さん講演会

ちひろの小学校のPTAお母さんから声をかけてもらって

今日は大阪府立精神医療センター主催の

「児童のこころ」

という講演会に参加してきました。

Photo_3

なんと1時から5時15分までという長丁場。

ちひろの下校時刻にかさなってるし、普段ならあきらめるとこですが、

今日は「ガイドヘルパーさんの日♪」

さらにりこも一緒に帰って、そのまんま遊ばせてもらえる

お友達に頼って。。参加できました。

みなさんのおかげです。ありがとうございました!!

。。。

まずは、「松心園」のドクターから2時間

『子どもの発達をめぐって~発達障害の理解のために~』

参加者の多くは枚方市の支援教育に関わっている現場の先生方。

定型発達の解説から非定型発達の話へ。

アンとサリーの心の理論に始まって

自閉症の三つ組や氷山モデルの話など

基本的なお話が中心でしたが、

特性の理解に必要な、大切な根っこの部分です。

そして

「子どもはどんな疾患を持っている子でも大人をよく見ています。

子どもの発達のためには、周りの大人が

楽しく子育てをし、仕事をし、

自分自身に余裕を持って、人生を楽しんでいる姿でありたいですね」

と締めくくられたのが印象的でした。

診断も告知も療育も、どこまでも子ども本人が中心なお話ぶりもさすがは専門機関「松心園」のドクターです。

そして初めてお目にかかった「教育ジャーナリストの品川裕香氏」から

「支援教育の現状と課題~今、学校はどうあるべきか~」

自身が帰国子女でアメリカ育ち

実は阿部内閣時代に教育再生委員会のメンバーだったというんで

カタイ人かと思ったら。。。関西弁!?

いきなりこんな質問でスタートしました。

「かの有名人トム・クルーズやチャーチルらもLDです。

じゃあ彼らは障害者と思いますか?」

「日本では、社会参加できるかどうかが障害者かどうかを考える傾向が強い」

これがすべてなら機能不全という障害は持っているけど

それが障害にならずにうまく社会参加できてれば◎ということに。

この考え方なら、どんな機能不全をもっていても

うまく長所を活かして、苦手を底上げできれば、障害とはいわなくなるわけです。

また、「発達的な視点」で子どもや人をとらえると

多くの事実の背景にストレスなく必要な支援を想像できるということ。

たとえば、「気の利かない人だ!」

と憤慨する場面で、・・「情報処理の仕方が自分とは違うのかな?」

「もっと違う言い方や手段で伝えてみようかな。」

ってな感じですか。

全国を取材され、事実に基づいた現実から考察され、

発達障害だけでなく、不登校やいじめや少年非行やDVについても語られました。

そして

本人も支援者である先生や親も「誤学習」の多いことを指摘されてました。

「特別支援教育は、教育的ニーズのあるすべての子どもが対象であって、決してクラスにいる気になる子どもの中から、発達障害者を見つけ出してその子を取り出して、特別な場でシエンをする・・のではありません!!」

とっても刺激的なご意見で、たくさん笑って、共感できました。

たいへん勉強になりました。

もっともっと現場の先生方みーんなに聴いてほしいお話でした。。。

ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

SKIPひらかた

現在の「ポレポレネットワーク~自閉症・発達障害の人の豊かな未来を考える親の会~ 」

のもとになる小さな準備委員会を当時の母仲間四人で立ち上げた時

ちひろはまだ保育園に入ったばかりでした。

今はなんと会員130人を超える、枚方最大の発達障害の親の会になりましたね。

ワガママな磨磨は、一昨年、ポレポレ役員を自主引退させてもらいましたが

現在も活動を切り盛りしているスタッフのみなさんには頭が下がります。

当時からいろんな活動支援を考えていましたが、立ち上げのころからの夢だったのは

「放課後支援」でした。

学校から帰宅しても

うまくお友達と遊べず、行き場の少ないわが子を見ていて

安心して通える場所がほしいと思っていました。

。。。。

自閉症界で超有名な、横浜クリニックの中山清司先生が

大阪で「天才塾BON」から活動をスタートさせて

ついに今年、「NPO法人SKIPひらかた」を立ち上げる運びに。

そこに深くかかわっていたのが

現在ポレポレのスタッフということで

ポレポレ会員はこの四月からスタートする

児童デイサービス「SKIP」の申し込みに殺到しています。

。。。で、前述とつながりまして

来年の中学校進学を控えた

ちひろも「SKIP」に申し込みまして

本日「面接」を受けに行ってきました。

Photo

枚方市駅前の古い小さな雑居ビルですが

さすが、中は構造化された、療育ルームがありました。

若くてキレイなスタッフのおねえさんを

「あのね」DSiカメラにおさめてニコニコのちひろでしたが

少し課題をさせてみた様子を見られた中山先生に

「課題への構え、集中力がちょっとね。。普段自分のペース優先でやりすぎじゃない?」

と見抜かれました。

さすがです。。

四月からは「個別学習スタート」になりそうです。

。。。中学校に行く前に、もう少し力をつけてほしいしね。

たまには、勉強も・・がんばらなな! ちひろー。

。。。。。。

ご参考までに。。『SKIPひらかたブログ』↓

大阪・枚方市を拠点に、発達障害を抱える子ども達を専門家・親の立場からサポートしていくために活動するNPO法人SKIPひらかたのブログです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »