« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

午前中に!

今日はりこの検査の日

午前中に急いで100円に連れて行きました。

少し乗ったけどちひろは本当に楽しそうでした。

Dscn0064

ちひろチャリはしょうたパパにいただいたFAFタイヤはいてすごくかっこよくなってます。

りこは少しかかりそうです。

by 波波

< /p>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

ZBVISION

最新版できたみたい!

ZBZBさん感謝!

by 波波

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

眼科眼科眼科

三月に入ってすぐ

学校から帰ってきたりこの

右目の鼻側の白眼が真っ赤に充血してました。

その日は家にあった抗菌目薬を点眼。

「はい、これで大丈夫。すぐ治るやろ。」

でも全然よくならず。

翌日眼科へ。

「アレルギーかな。結膜炎か?目薬二種類で様子を見ましょう。」

きちんと用法守るも、全然よくならず。

翌週、別の眼科へ。

「ウィルス性結膜炎かも?検査します。」

でもイタイ検査は陰性。

「当分運動禁止で。人混みも避けて。おとなしくしていてください。」

そんなーー!

止まってるりこなんて、考えられない。

でも守ってスイミングもサッカーも自転車もお休み。。

ひたすら点眼。

でも、全然よくならず。

また最初の眼科へ。

「何かばい菌が入ったんやろうけど?点眼薬きついの出すから、がんばって。」

でも全然よくならず。

また次の眼科へ。

「点眼薬の回数を増やして様子を見ましょう。強膜炎かもしれません。」

な、何ですか?!それ??

いまだ、全然よくならず。

かれこれ3週間目。。

かわいそうにりこは学校へ行っても外遊びもできず

大好きな体育も見学してました。

一方、ちひろは一人でスイミング・サッカー行ってました。

すみません。

そういうわけで

いまだ、100円にも行けないわが家です。

二人とも、自転車、思い切り、乗りたいですのに。。(ノ_≦。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

終業式の朝

りこの小学校は今日が終業式です。

とっくに春休みのちひろですが

毎朝りこの登校班と一緒にテクテク来てました。

四月からちひろの通う中学校と校門が向かい合わせなので

中学生たちや先生方にも朝のご挨拶ができます。

一応、中学の校長先生にも

「息子です。よろしくお願いします。」

とご挨拶し

「ちひろ、中学の校長先生やで。」

と促しました。

校長 「おはよう。」

ち   「おはよう。」

校長 「・・えらそうやな。。(笑)」

まー、だんだん、ちひろのキャラを知ってくださるでしょう。

生徒会の子たちが「震災の募金活動」を呼び掛けてるので

ちひろも募金に協力しました。

生徒 「ありがとう!」

ち   「ありがとう。」

Photo

新学期からちひろは右の校門、りこは左の校門へと通うことになるし

磨磨はサンジと、二人をここで見送ることにします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

ちひろ卒業式

世紀のイベントの日です。

寒い朝でした。

ちひろは決めていた「しょうたろうルック(シャツに黒ベストと崩したネクタイスタイル)」

だけだと寒いと感じたからか

自分からもう一枚上着を着ていくと言いました。

ち 「ちいくん、ゴーオンブラックでいく」

磨 「はい。」

学校に送り届けるのもこれが本当に最後です。

六年間、雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も

毎日毎日、ちひろとともにに通った小学校への道です。

小さなりこも一緒に手を繋いでた日から始まって

いつの日からか、

ちひろは並んで歩いてくれなくなって

今日も、サンジと二人、離れてついて歩くだけの朝でした。

ひまわりに着いて、

丸五年間お世話になった先生の顔を見たら

お礼の言葉も言いきらないうちに

涙で、顔がぐちゃぐちゃになりました。

言葉少なく、先生と抱き合って、しばし泣き合いました。

卒業式。

卒業生たちは保護者たちが見守る中

一人ずつ、ゆっくり入場してきました。

男の子たちはスーツ姿も多く

女の子たちはAKBスタイルが、みんな決まってました。

拍手の中、ちひろもゆったり入ってきて、一人でちゃんと席に座ります。

式の中では、立ったり座ったり、忙しい卒業生一同。

ちひろは半呼吸さえ遅れることなく、一同の一人でいました。

みんなと一緒に歌う最後の校歌。

堂々と歌うちひろがいます。

聞きなれた校歌の歌詞の中に

「明るく 伸びよう みんなとともに」

という箇所があって、また胸が熱くなりました。

卒業証書授与。

名前を呼ばれて、壇上に上がる前に、少しずつ進み

ポイントごとに立って待つ姿も自然でした。

いよいよ名前を呼ばれたとき

「ハイ!!」

とひときわ大きな声で、校長先生の前に立ちます。

Img_64662_edited1

校長 「おめでとう。」

証書を受け取ると

 ち 「おめでとう」

とうれしそうに笑い、思わず校長先生クスッ。

壇上を降りて、先生たちの席の前を通るとき

一人だけゆったりと先生方に手を振るちひろに

先生たちもまたまたクスっ。

 「・・皇族か・・」

鼻を小さくすすって呟いたのは波波でした。

改めて思うに

ちひろはこうして、自分自身で味方を増やしていったんでしょう。

もちろん、ちひろにはそんなお笑いの計算はありませんけども。

「お別れの言葉」も、「卒業の歌」も

みんながとても立派すぎて

その中のちひろが眩しすぎて

とめどなく溢れてくる涙で、何度も下を向いてしまいました。

もう、視界がよくわからなくなっては

「しっかり見なくちゃ。」

と背筋を伸ばす

それをなんどか繰り返しているうちに

卒業式は、終わりました。

その後

あちこちで記念撮影をし合う友達の中に

当たり前にちひろもいて

「ちひろー、こっちこっち!」

「ちひろー!」

「ちひろーー!」

と、たくさんの友達と一緒に

たくさんの写真を撮り合う姿が誇らしく

何よりうれしいことでした。

卒業おめでとう。

みんな、ありがとう。

もう、びっくりして、ひっくり返るくらい

ちひろ、お兄さんです。

そして、これからもきっと

もっともっと、お兄さんになるでしょう。

そんな確信をくれた

ちひろの六年間に大きな大きな拍手とエール

you`ll never walk alone.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

ありがとうの手紙

ついに小学校最後の登校日。

明日の卒業式を前に

六年生全員と保護者の方々・先生方に

ありがとうのお手紙を配ってもらいました。。。

『六年間ありがとうございました。』

 六年前、ちひろは二語文がやっと出始めたばかりで

鉛筆もまともに持てず、マルもかけずに入学しました。

 人にはほとんど興味を示さず、バスとお人形の世界に住んでいたちひろが

だんだんお友達の存在に気付き、一緒にいることの楽しさに気付き、

自分もその一員になりたいと望むほどに成長しました。

 それは、ちひろを同じ仲間として認め、傍で一緒に過ごしてくれた

お友達のおかげです。

 ○○小学校でみんなと一緒にいられた六年間は

ちひろにとって、かけがえのない宝物のような経験の積み重ねです。

 忘れない記憶システムを持つ自閉症の特性そのままに、

ちひろの中にすべてが鮮明に記憶されていることと思います。

 親の私たちも、運動会や音楽会などの行事の度に、

一緒に成長を喜んでくださる温かい保護者の方々に支えられて、

胸を張って、一緒に卒業式を迎えることができます。

 心をこめて、お礼を申し上げます。

 ありがとうございました。

 大きな財産を胸に、ちひろは◎◎中学に進学します。

これからも、同級生・同じ地域の住民として、

温かく見守っていただけますよう

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

お見舞い申し上げます

信じられない巨大地震・大津波。

被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

波波の従妹が二月に福島で赤ちゃんを産んですぐ被災し

今は避難所で、家族とおばあちゃんと生まれたての赤ちゃんと一緒に

がんばっていると聞きました。

双葉郡富岡町の後輩の安否が、分かりません。。。

第二原発のこんなにすぐ近くだったなんて、知らなかった。

同じ日本人として、何ができるか、まだ分かりませんが

心から応援したい気持ちでいっぱいです。

とりあえず

わが家では、

テレビ番組がすべて特別報道番組になっていることに納得できない

ちひろと闘いつつ

有無を言わせん思いを込めて説得し

真夜中までアチコチで電力を浪費する

波波に

有無を言わせん思いで、

ムダ電気のスイッチを切りました。パチン。

Photo

ちひろは落ち着かない時いつも私がするように

自分で自分の思いを紙に書いて持ってきました。

最後に

「じしんおわり」

と泣きそうな顔で言っていました。

みんな同じ思いだよ。。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

ちひろ一人バス

毎週スイミングへは、磨磨の運転でちひろりこと三人で行ってますが

去年の年末くらいから、ちひろが

「ちいくん、バスにのる!!」

と訴えに来まして

「不経済だから」

「面倒くさいから」

という理由が理解できないちひろを

ごまかしごまかし三カ月・・

ちひろ毎回毎回

「バスにのりたーいー!!」

でもりこは

「いやだ、乗りたくない!」

っていうしで

とうとう、

ちひろは一人でバスに乗って行く

りこと磨磨は車で行く

という

不経済で

面倒くさいことを実現する運びとなりました。

長年、まわり道や遠回り、ダブリやムダには慣れている(ノ_-。)。

では、

ボッチャマいってらっしゃい。

こちらもオジョーサマと出発します。。。

Photo

後ほどプールでお会いしましょう~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

まだまだ寒い

リコは風邪がなおったばかり。

ハルくんは風邪でダウン。

そんな中みんなで乗りました。

まあ春まであと少し。

皆さん体調には気をつけましょう。

by 波波

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

お別れ遠足

六年生の最後に「お別れ遠足」があります。

ちひろの小学校ではバスでUSJに行ってます。

Photo_2

まだまだ低学年だった頃は、毎年

朝、六年生の乗ったバスを見送ってました。

Photo_3

バスの後ろを追いかけ

小さなちひろが、大きな声で

ち 「ばいばーい、ばいばーーい!」

六 「ちいくん、バイバーイ!」

まるで懇情の別れみたいに手を振ってましたけど。。。

Photo_4

そして今年はいよいよ自分がバスに乗る番で

見送る磨磨がバイバーイと言ったら

小さな声で、照れくさそうに

「ばいばい」

と言ってました。

昔の嫌な思い出のせいで、

アトラクションには全く乗れなかった日は過ぎて

USJの乗り物は去年とりあえず攻略済みですし

なんにも不安はありません。

ただただ、お友達との思い出いっぱいに

楽しく過ごして来てくれたらいいだけです。

Photo

ちひろは、忘れないですから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

サッカーACLガンバ戦

今日は、また冷たい雨が降り続いて、寒い一日でしたね。

平日ですが学校が終わってから、ソレーッと万博公園へ・・

「ガンバ大阪vsオーストラリアメルボルンビクトリー」

のACL招待チケットを握りしめて・・・

ワクワクでした。

Photo

初サッカー観戦のちひろも

「ちいくん、サッカーしあい見に行く」

とずっと前から楽しみにしてました。

お弁当食べたりポテチ食べたりトイレ行ったりしながら、

サポーターが歌う歌に声を合わせて口ずさんでみたり

体を揺らしてみたりしながら

三時間あまり

ち 「帰る帰るいわない!」

と何回も言ってはニッコリしていました。

ち 「何回も言わない!」

お兄さんは、最近いろいろ、すごい自信です~

Photo_2

りこはダウンの下にしっかり遠藤シャツ!

目で追う選手はやはり遠藤!

実はすでに買って見てる・・・遠藤のdvd!

磨磨もカレンちゃんとサッカー行けてラッキー!

雨上がりの寒い夜でしたが

大きな声を出して、思い切り応援して

5対1でガンバ圧勝!

バンザーイ!ばんざーーいい!!ばんざーーーーいいいいい!!!

と楽しいひとときでした。。。

Photo_3

パパ、お仕事 お疲れさんです。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »