« ありがとうの手紙 | トップページ | 終業式の朝 »

2011年3月19日 (土)

ちひろ卒業式

世紀のイベントの日です。

寒い朝でした。

ちひろは決めていた「しょうたろうルック(シャツに黒ベストと崩したネクタイスタイル)」

だけだと寒いと感じたからか

自分からもう一枚上着を着ていくと言いました。

ち 「ちいくん、ゴーオンブラックでいく」

磨 「はい。」

学校に送り届けるのもこれが本当に最後です。

六年間、雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も

毎日毎日、ちひろとともにに通った小学校への道です。

小さなりこも一緒に手を繋いでた日から始まって

いつの日からか、

ちひろは並んで歩いてくれなくなって

今日も、サンジと二人、離れてついて歩くだけの朝でした。

ひまわりに着いて、

丸五年間お世話になった先生の顔を見たら

お礼の言葉も言いきらないうちに

涙で、顔がぐちゃぐちゃになりました。

言葉少なく、先生と抱き合って、しばし泣き合いました。

卒業式。

卒業生たちは保護者たちが見守る中

一人ずつ、ゆっくり入場してきました。

男の子たちはスーツ姿も多く

女の子たちはAKBスタイルが、みんな決まってました。

拍手の中、ちひろもゆったり入ってきて、一人でちゃんと席に座ります。

式の中では、立ったり座ったり、忙しい卒業生一同。

ちひろは半呼吸さえ遅れることなく、一同の一人でいました。

みんなと一緒に歌う最後の校歌。

堂々と歌うちひろがいます。

聞きなれた校歌の歌詞の中に

「明るく 伸びよう みんなとともに」

という箇所があって、また胸が熱くなりました。

卒業証書授与。

名前を呼ばれて、壇上に上がる前に、少しずつ進み

ポイントごとに立って待つ姿も自然でした。

いよいよ名前を呼ばれたとき

「ハイ!!」

とひときわ大きな声で、校長先生の前に立ちます。

Img_64662_edited1

校長 「おめでとう。」

証書を受け取ると

 ち 「おめでとう」

とうれしそうに笑い、思わず校長先生クスッ。

壇上を降りて、先生たちの席の前を通るとき

一人だけゆったりと先生方に手を振るちひろに

先生たちもまたまたクスっ。

 「・・皇族か・・」

鼻を小さくすすって呟いたのは波波でした。

改めて思うに

ちひろはこうして、自分自身で味方を増やしていったんでしょう。

もちろん、ちひろにはそんなお笑いの計算はありませんけども。

「お別れの言葉」も、「卒業の歌」も

みんながとても立派すぎて

その中のちひろが眩しすぎて

とめどなく溢れてくる涙で、何度も下を向いてしまいました。

もう、視界がよくわからなくなっては

「しっかり見なくちゃ。」

と背筋を伸ばす

それをなんどか繰り返しているうちに

卒業式は、終わりました。

その後

あちこちで記念撮影をし合う友達の中に

当たり前にちひろもいて

「ちひろー、こっちこっち!」

「ちひろー!」

「ちひろーー!」

と、たくさんの友達と一緒に

たくさんの写真を撮り合う姿が誇らしく

何よりうれしいことでした。

卒業おめでとう。

みんな、ありがとう。

もう、びっくりして、ひっくり返るくらい

ちひろ、お兄さんです。

そして、これからもきっと

もっともっと、お兄さんになるでしょう。

そんな確信をくれた

ちひろの六年間に大きな大きな拍手とエール

you`ll never walk alone.

|

« ありがとうの手紙 | トップページ | 終業式の朝 »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

ちいくん、卒業おめでとう!これから、お兄さんになり、オッサンになっていくちいくんを、いつまでも応援しています!あと、エアターン教えてください!
今、普通に生活できることに感謝し、総ての人に、今より素敵な[明日]が、来ることを、祈ってます!

投稿: お隣さん | 2011年3月19日 (土) 12時21分

ちひろくん、卒業おめでとう!

涙腺が壊れてしまったのか
パソコンの前でぐちゃぐちゃになっています。

磨磨も頑張ったね。

私の知っている磨磨は
負けず嫌いで意地っ張りで
でもものすごーく寂しがり屋で涙もろくて・・・。

そんなところは昔と少しも変わっていないけど
今はそこに母としての覚悟と強さが備わっていて
ちょっとまぶしいぐらいです。

ちひろくんと、ちひろくんを取り巻くすべての人が
いつも笑顔でいられますように。

これからもずっとずっと応援し続けます。

本当におめでとう!

投稿: こうたママ | 2011年3月19日 (土) 17時10分

卒業おめでとう!
磨磨も6年間ご苦労様でした。
今までもこれからも立派なお兄さんですね。
今大変な環境の中、より一層感動しました。
もう中学生ですね〜早いなぁ。

投稿: mami | 2011年3月19日 (土) 18時56分

子どもは希望の光で、一生懸命に日々を乗り越えていく姿が存在してくれることが、我々大人の座標軸になり、いろんなことを教えてくれ、感じさせてくれますね。だから、「おめでとう。んで、ありがとう」です。かけがえのない時間ですね。そしてまた今からもスタートです。今までと同じようにまばゆい光で大人たちを照らしてくれるでしょうね。いつ言えなくなるかわからないから今のうちに言っておこう。「ありがとう!」 。

投稿: おめでとう。んで、ありがとう! | 2011年3月20日 (日) 18時15分

みなさま、ありがとうございます。
そして
お祝いメールもたくさんいただきました。
本当に、心から、ありがとうございます。

たくさんの人に応援してもらってることを
改めて実感し、うれしくて、もう、身に余る光栄です。

ついに、終わってしまったと・・

燃え尽き症候群か
季節外れのセミのぬけがらのようになってました。

今や、先導していたはずの私を
ちひろの方が追い越して
振り返って、笑ってる感じです。

また一歩前に進まなくちゃです!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。。

投稿: 磨磨 | 2011年3月22日 (火) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184046/39282624

この記事へのトラックバック一覧です: ちひろ卒業式:

« ありがとうの手紙 | トップページ | 終業式の朝 »