« りこ入院番外編 | トップページ | ちひろ板書 »

2011年4月19日 (火)

スケジュールは命綱

先週のちひろ、二晩磨磨がいなくても全然大丈夫で、

夜行性の波波との暮らしでも、自分できちんと規則正しく

「起きる食べる寝る」「学校へ行く」ができて拍手でした。

ちひろが楽しく毎日中学校に通ってくれるだけで、ひたすらうれしい気持ちです。

ですが、

行った先で、どのように過ごしているのか、とても心配です。

ですから

先生からの連絡ファイルだけでなく

こちらの言葉を書き連ねられる「連絡ノート」を作りました。

「思いは、伝える努力をすれば、必ず伝わる」

これまでずっと、そう信じて来ましたから。。。

まだまだ少しずつですが、先生との距離が縮まってきた気がします。

そこではまず

「視覚支援の大切さ」を伝えています。

「スケジュールは命綱です」

その日の時間割確認は、その日の朝、落ち着いて支援学級で。

「スケジュールは命綱です」

見通しを持って一日を過ごせることがいかに重要か

「スケジュールは命綱です」

私たちだって、予定が分かってることはストレスが少ないです。

それで、次は、先生カードを作りました。

Photo_2

ちひろに関わる先生、とりあえず22人分

と、場所カード。

Photo

今日のスケジュール表に

1時間目 ○○先生 教科 場所 ちひろは何をする

2時間目 △△先生 教科 場所 ちひろは何をする

・・・・

と、先生カードを入れて時間割を確認することは

小学校で毎朝の日課でしたから

中学でもそれを続けてもらえるようお願いしています。

自分で入れて、目で確認することで

時間の流れがちひろにはとても分かりやすいんです。

場所の移動も口答より場所カードのほうが親切です。

ちひろにわかりやすいということはどういうことか?

たとえば、たった一人外国に来て、

ちんぷんかんぷんの言葉と生活様式の中

せいぜい知ってる少しの単語だけで

新しい生活をするとしたら???

母国語で訳してもらったり、

見本や実物を見るとよくわかるのと同じなんです。

「スケジュールは命綱なんです」

ひたすらお願いして、カードを預けてきました。

ちひろが、一人でもがんばれるように・・・

|

« りこ入院番外編 | トップページ | ちひろ板書 »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

ちーくんは一人で頑張れます。魔魔の想いは必ずまわりの人々に届きます。理解と支援の方法さえわかればみんな人間の本質的な優しさが発揮されます。それを引き出すちーくんの社会貢献や教育もたくさんの人々の役に立ってて感謝されますよ。間違いなく大丈夫です。魔魔も心配でしょうが信じましょう。世の中捨てたものではありません。大丈夫。大丈夫。大丈夫。

投稿: 大丈夫! | 2011年4月19日 (火) 18時26分

>大丈夫さま
はい・・ありがとうございます。

最近、震災もあって「人間の本質的な優しさ」が見える機会が多いですね。

「世の中捨てたものじゃない」
ちひろと暮らして来て、いつも自然に助けてくれる誰かにたくさん出会えました。

信じる気持ちと、どこまでも子離れできない親心?のはざまで「やりすぎ」の一歩手前の自分に気づくことも。。。

「ちひろの主張は、私が伝えていかねば!」
と、何が何でも張り切ってみたり
「まーどーにかなるやろ」
と、信じるというよりあきらめか投げやりかで
行ったり来たりの毎日です。

今後とも叱咤激励よろしくお願いします。。ヾ(_ _*)ハ・・

投稿: 磨磨 | 2011年4月21日 (木) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184046/39666450

この記事へのトラックバック一覧です: スケジュールは命綱:

« りこ入院番外編 | トップページ | ちひろ板書 »