« ちひろ 春はあけぼの | トップページ | 日曜日のみなとのもり »

2011年9月 7日 (水)

サッカー部大好き物語

「最近、ちいくんはサッカーばっかりで

自転車は二の次なんやね」

確かにそうです。

この夏休み、すべてはサッカー部が優先でした。

百円にも波波とりこだけで行く、とかが増えたし

ペルージャ遠征も波波とりこだけでしたね。

この週末の台風でも、サッカー部は休まず

ずぶ濡れになって帰ってきました。

・・それはとても誇らしげな顔をして。

Photo_5


でも、よく分かっています。

ちひろの成長は

すべては自転車から始まったことでした。

自転車のおかげで

やりたい気持ちが障害特性の感覚過敏を上回ったり

大切なコミュニケーションとか

ルールを知ること

苦手だった模倣

楽しい仲間とのやりとり

一緒に同じことをするおもしろさ

さらに、難しいことは教えてもらうという向上心まで

え難い経験を積み重ねてこれました。

それが土台にあったから

徐々に体と心の成長を遂げながら

思春期を迎えた今

同じ中学生の仲間と共有できる時間に

最も喜びを感じられるまでになったのだと思います。

あの、人には全く興味もなかった子がです。

どこへ連れて行っても

周りが何をしているかなんてお構いなしで

自分の興味ある部分だけに固執して

誰とも関わらず

奇妙な動きを繰り返し

白い目で見られてばかりいたちひろがです。

ちひろが中学生になるとき

なんでもいいから部活に参加できたら

最も中学生らしい楽しい部分を経験できるのになあ。。。

と案じていました。

サッカー部に入ると決めた時も

先生方に賛成はされず、逆に心配されてました。

「とりあえず、体験入部だけでもいいので、お願いします」

と始まったのが四月の終わり頃。

それが今は

先生 「今朝の朝練でもみんなに怒ったんです。もっと声を出せ!なんでちひろの声しか聞こえてこないんや!ってね。ちひろはいつも一番大きな声を出して練習してますよ。」

サッカーの技術が上手くなくても

休まず真面目にがんばるちひろの姿は

周りのすべての人の驚きであり励みでもあります。

親の私たちだって、ここまでがんばれるとは

毎日練習しんどいだろうに、ここまで楽しそうに

続けていけるとは、思っていませんでしたし。

ちひろは今

「自分が中学生であること」

に大きなプライドを感じています。

だから、同じ中学生の中で過ごし

みんなと同じことができる瞬間瞬間に

最もそのプライドが満たされるのだと思います。

ちひろは、友達と個別に約束して遊んだり、

誘って一緒に何かできることはありません。

だけど

部活に行けば

サッカー部に行けば

自然と友達と過ごせる環境に身を置けるのです。

だから、こんなに一生懸命、サッカー部に通うのでしょう。。

毎日毎日、休みたくない。。

それなのに、中学生の中で過ごせるのはたった三年間です。

どの先輩もみんな

「三年間なんて、本当にあっという間よ」

と言われます。

果たして

義務教育が終わったこの先に

いったいどれ位、ちひろが求める、

楽しいと感じられる環境があるのか

全くわかりません。

だからこのたった三年間

すべてに優先して

友達と過ごせる時間を守ってやりたいと

強く願っています。

サッカー。。

ではなく

サッカー、大好き物語。

どこまでいつまで続けられるかわからないけど

期間限定、三年間しかないお話です。

自転車は波波も磨磨も

この先もずっと一緒に乗れるからね。。。

今は、そんなちひろの思いを

全力でかなえてやりたいと

切に願って、応援していきたいと思っています。

|

« ちひろ 春はあけぼの | トップページ | 日曜日のみなとのもり »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

最近の日記をいくつか読んで、色んなことを考えたけど…うまい言葉が浮かばないsweat02

とにかく、ちょっと立ち止まって考えることできました。
ステキな日記をありがとうshine

投稿: りょうまま | 2011年9月 7日 (水) 21時05分

りょうままさま
うん。
ありがとです。

ちょっと立ち止まる…
本当に大切なことを思い出す…

感性豊かなkumiさんには、
大切なこと、きっと伝わりました。

ありがとです。

投稿: 磨磨 | 2011年9月 8日 (木) 10時37分

磨磨の言葉一つ一つ。いつも先輩ママとしてお勉強させていただいてま〜す。そして一生懸命できる何かがあるのはとっても素敵な事だなぁと
、我が家は今BMXを通してすごく感じています。
大好きな事一生懸命やってるちーくん応援しています♪

投稿: mami | 2011年9月 8日 (木) 23時16分

>mamiさま
ありがとう!
こちらこそいつも勉強させてもらってます!

mamiさんには、子どもたちがもっと小さい頃の姿から知ってもらってるので安心してます。
甘えすぎかも?sweat01

我が家も自転車は特別だshineということ
同じです。

だから一生懸命なrimファミリーを尊敬してますup

今後ともよろしくですhappy01

投稿: 磨磨 | 2011年9月 9日 (金) 05時40分

魔魔のその感性、その表現力、その想い、いろんなことを考えさせてくれる行間から言葉を越えて伝わって来るものがあります。ちーくんは、みんなと同じように果てしない可能性がありますね。一昨日名古屋の障害者との共生というタイトルの講習会でいっぱつぶってきました。知的障害者を学者や医者が勝手に病名をつけて型にはまった啓蒙活動していることで逆に多くの人最達が始めから当該者を決め付けてしまうデメリットが企業としては非常に迷惑!障害があるうがひとりひとり個性があり、どんどん驚くほど成長してくれます。ひとりの人間を類型化して型にはめる有識者がもっとも障害者支援の邪魔!言ってしまいました。この道30年であろうが専門の学者であろうが何もわかってない。講演終了後、数人の方々や数人の学者が非常に共感してくれて新たな絆が出来ましたが、その他大勢は冷たい視線。と、話は変わりますが、最近、なでしこリーグの「伊賀フットボールクラブ くの一」の運営にボランティアで関わることになりました。必要なら2〜3人選手を連れてサッカー指導に行くことも交渉してみますよ。澤さんや川澄さんは一億円の広告契約をしましたが、くの一はノーギャラ、遠征費用や道具類も一部自己負担。ホームグラウンドはなんと土。でも彼女達は契約社員として定時は一般企業で働き、夜は毎日練習、週末は遠征。好きだから。上手くなりたい。理由はそれだけ。大尊敬します。

投稿: ええこと書いてるね。 | 2011年9月15日 (木) 23時51分

>ええことさま
いつもありがとうございます!sign01

そうなんです!!!!

あまり大きな声では言えませんが
専門家の先生やドクターにちひろの話をすると
必ず、障害の系統と型にはめて説明を受け
そして将来の、目指す社会的立場について
とても型にはまったアドバイスを受けます。

「すみませんが、そーいうの全然目指してません。」

もちろん、全部じゃないですが、
そう言いたいのをこらえて
ひたすら聞いて帰ってきます。。

そして、帰ってくると、
どうやっても消化しきれない思いと
本心を言えなかったことに自己嫌悪します。

まあ、もし言ってみたところで
「ハイハイ、そいうこと言う親もいますね。。」
的に受け流されるような気がして
言えないわけですが。
(その前に失礼すぎて言えないsweat01

だから、そんな場で、そんな方々を相手に
ええことさまのお立場の方が
そこまではっきりモノ申してくださったと聞いて
スッキリしました。
いいぞーー!!punch

ちひろにも私たちにも
一言では表せない、思いがあります。
夢があります。
決めつけられて、少ない選択肢だけにされて
いろんな可能性を諦めてしまうことはしたくありません。

今後とも、どんどんブってきてください!!


それから、くのいち応援ボランテイア、スゴイです。

選手たちの、やりたいこと、すきなことに
慾なくひたむきに向き合う姿は
ある意味、ちひろとダブります。。。
背筋がシャンと伸びる思いです。

私たちにできることがあれば・・是非!

ええことさま、を尊敬し、応援しています。。

投稿: 磨磨 | 2011年9月16日 (金) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184046/41510351

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー部大好き物語:

« ちひろ 春はあけぼの | トップページ | 日曜日のみなとのもり »