« KIDS CONTEST 2011 | トップページ | ペルージャへ »

2011年9月24日 (土)

りこ 秋晴れ運動会

今日は気持ち良い秋晴れ。

りこの運動会の日も

ちひろはサッカー部の遠征です。

2



30分ほど一緒に座っていましたが、

時間になると、とっととお向かいの中学校へ。

チームメイトに笑顔で迎えられて、

ちひろは嬉しそうに手を振って

マイクロバス二台に分乗して出発して行きました。

2_2

ちひろのいない、りこの運動会。

一度だけ、児童デイサービスに預けたこともあったけど

どんなにややこしくても

ちひろがいないと寂しくて

以来、波波と二人、ちひろ班とりこ班に分かれて担当。

あの頃お互いりこの演技のすべてを見ることはなかったね。

Photo_8

ちひろのいない りこの運動会。

今日はあの時とはちがう寂しさが胸のどこかに引っかかってたけど

りこのがんばる姿と

手を振った先のちひろの満面の笑顔が

眩しい秋晴れの一日でした。。

さて

三年生りこの団体演技は四年生と合同の

南中ソーラン」

Photo_2

青い羽織物の背中にはそれぞれ好きな一文字

りこは「凜」の文字を背負って

ダイナミックに海と波を体いっぱいで表現していました。

Photo_3

80メートル個人走では

クラスで一番速い男子と今年も競りあって

おしくも二位。

はりきっていた全学年選抜リレーも

チームは一位にはなれず。

R

どうにも悔しい結果だったみたいだけど

どの競技にも超本気の全力投球。

チームの友達には大きな声で声援を送って応援。

運動会を全力で楽しめることが、素直に嬉しいです。

そして

Photo_4


あたりまえだけど

ちひろのいない「組み立て体操」。

見守る先生の白いTシャツには

クラス全員の絆のメッセージの寄せ書きがあって

もうそれだけで、泣きそうになります。

Photo_5


六年生って、やっぱり特別輝いてる。

去年はあの中にちひろもいられたことを思い出し

りこもあっという間にそこに立つ日が来るんだろうと思うと

胸が切なくなりました。

運動会は競争の場じゃないからね。

紅が勝った、白が負けたとかいいながら

子どもの成長を再確認できる日。

毎年、確実に成長を実感できたことを

一番思い出せる日。

Photo_9


ルフィ姿のかわいい一年生から

組み立て騎馬戦の頼もしい六年生まで

今年はなんだか

あっというまに過ぎていってしまう

子どもたちの大切な瞬間瞬間を

見逃さないように

見守っていきたいと

ちひろがいなくなって、余計に

感じた運動会でした。

Photo_6

|

« KIDS CONTEST 2011 | トップページ | ペルージャへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホント、子供の成長は早いですね。誰かが言ってましたが、生まれてから小学校低学年までで、その存在で親孝行は十分果たしているらしい。子供達が逆に親の庇のない場所へ自分で出ていった時から子離れを始めないといけないのかも知れません。寂しいけど頼もしい。といいながら僕もまったく子離れが出来ていないのですが。我が家の二人は僕の希望通り、勉強はそこそこでいいから、たくさんの友達とたくさんの価値観を共有して欲しい!を守ってくれてますが、やっぱり家にいないのは寂しいです。

投稿: 光陰、矢のごとし | 2011年9月27日 (火) 03時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184046/41963045

この記事へのトラックバック一覧です: りこ 秋晴れ運動会:

« KIDS CONTEST 2011 | トップページ | ペルージャへ »