2012年2月 4日 (土)

インフルエンザ??

ちひろ 「頭痛くない?お熱ない?ちいくん風邪ひいてない?」

うーーむ、そう言うということは、

そうなんかいなと、あやしい感じ。

そしたら夕方赤い顔して

ちひろ 「ちいくん、お熱ない?」

あります!ぜったい。。(´-д-`)

中学を休むのを嫌がってたけど

今インフルエンザ大流行で学級閉鎖寸前

磨 「○○くんも休んでるよ。風邪ひいてるって」

ち 「○○くんと同じ。。」

で、にっこり納得してるところがひそかに笑えた。

普段体が丈夫なので病院に行くことがないけど

一年ぶりにかかりつけの小児科内科へ。

鼻水がとれなくて

インフルエンザの検査ができなかったのは何年前?

別室で待ってたら

小さな男の子が診察室におどおど入っていくのが見えました。

少したって

男の子 「イヤ!イヤ!イヤ!」

鼻水とるのを嫌がって脱走した模様。。

どんなに諭しても泣いて拒否してました。

まるで、いつかのちひろのよう。。

振り返ると

ちひろ 「ちいくん、インフルエンザちがーう?」

お医者さんの前で鼻をかんで、鼻の出口まで降りてきた

奥の鼻水を採取してもらって、検査。

あんなに苦労しても無理だったことも、あったけど。。

時間をおいて、出た結果は、陰性。

よかった。

でもまだ錠剤が飲めないので、

粉薬にしてもらわないといけない。

それでもがんばって飲むからいい。

追いかけまわして、無理やり飲ませることはしなくていい。

帰宅して、ご飯も食べて

お薬も飲みました。

Photo

熱は38℃~37℃

翌日には平熱。

明日からは部活に復帰します。

友達と先生がポストに届けてくれた

月曜日のクラスの時間割

サッカー部の土日スケジュール

いつもどおりの暮らしが

一番ありがたくて、大切。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

ちひろ合宿帰りました!

昨夜8時前頃、顧問の先生より電話がありました。

顧 「無事帰って来まして、先ほど解散しました。特に何もありませんでしたよ。お土産、本能のままに買ってましたんでおつりはジャリ銭だけです。」

ち 「ただいまー!」

Photo

二晩ぶり、元気に帰ってきました!!

ち 「和歌山いってきたー。」

おおーー。。。

ち 「ハイタッチ~」

自分からハイタッチ要請してきたので

磨 「おかえりおかえりー!」

で、むぎゅーしたら

ち 「やめてくださいー!」

と笑って逃げて行きました。

磨 「ママとりこちゃん、さびしかったよー。ちひろは?」

ち 「さびしくなかったー」

へえーーー。。そうですか。。

たくさんお土産袋を持ってるので見たら、

おやついっぱい。

でも箱入りのお土産も3個ある!

Photo_2

りこ 「おにいちゃん、りこのおみやげは?」

ち 「コレー」

磨 「ママのはコレ?」

ち 「コレー」

磨 「じゃあ、これはパパ?」

ち 「ちいくんですー」

磨 「え?パパのは?」

ち 「なかったー」

うぷぷぷ、笑えました。。

ちひろはまだお金が分からないので、

お財布は先生に預けたのですが。。

修学旅行の時、小学校のクラスの先生とお土産を選んだ経験から、

今回も買ってきてくれたんだと思いますが。。

パパのはないんや。。なんでやろね??

Photo_3

り 「お兄ちゃん、合宿、楽しかった?」

ち 「たのしかったー」

それ以上自分からは何にも言わないので、

詳細はなーんも分かりませんが、

ニコニコ顔が楽しかったすべてなので、それがすべてです!

ちひろがいない二晩は、

訳のわからん話で、りことの会話に割って入ってくる人がいなくて

り 「もうー!お兄ちゃん、割り込まんとって!」

といっつも怒ってるりこが

り 「なんか、普通やねんけど、うちでは、物足りない感じする。」

と、さびしがってたよ。

やっぱり、ちひろがいないと。。

困ることいっぱいあったしね。

黙っててもやってくれる

お風呂洗いやお布団敷き、

お仏壇にごはん供えることや

朝食のウィンナー卵いためも。。

ちひろがいないとね!

朝、ママを起こしてくれる人がいないよ!o(;△;)o

ちひろが2泊3日もの合宿生活を楽しく過ごせたのは

言わずと知れたチームのみんなのおかげです。

本当に感謝感激です。。

そして、心配してくれていたたくさんの方々にも

ありがとうございました!

と言えることが、とてもとても誇らしいです。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

ちひろ和歌山合宿へ

昨日はgから帰ってちひろの荷造り最終チェック。

Photo

寝る時間はずいぶん遅かったけれど、ちゃんと翌朝5時前に

ち 「ママー、お弁当作ってください」

と起こしてくれるちひろ。

そしてまだ暗い6時10分、ついにサッカー部合宿がスタート。

和歌山方面へバスで二泊三日の旅。

Photo_2

着いてすぐに、三日間の参加チームによるリーグ戦があるようで

ちひろにも出番があるB戦の予定も組まれています。

帰る日の午後2時まで試合だらけの合宿初体験。

しかししかし

「二泊!」?∑(゚∇゚|||)

ちひろのチームの誰もが

ちひろの心配などしていない様子。

「三日間も!」??Σ(゚□゚(゚□゚*)

先生もチームメイトも、誰も、ちひろのスケジュールや

荷物管理が必要だとは思っていません。。

心配で目が回ってんのは。。どう見ても私だけ。。~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

「よろしくねー」、とお友達に声をかけ

「お願いします」、と先生に頭を下げたら

先生 「何かあったら連絡しますが、何もなければ一切連絡しませんので。

お母さんも、ゆっくりしててください。」

と笑顔で言われました。

はあ。。

年末からずっとずっと楽しみにしてた合宿。

みんなの信頼を裏切ることがないように、、

ちひろもみんなと一緒に楽しい三日間を過ごして来れればいいな。

小学校の頃から

遠足も

林間学校も

修学旅行も

新入生キャンプも

いつも見送ってきたけれど

これまでのはすべて訓練だったのかもと思うほどに

ごくごくフツーに出発していきました。

Photo_3

やっと東の空が白んでくる帰り道

サンジにむかって

「もう、バカ親は卒業かもな。。」

と呟いてみました。

後で、りこにも

「ママ、今日からあほみたいにヒマな日やな。」

と言われました。

ふー・・ちひろのいない夜が2晩もある。。。(u_u。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

二学期終了

いつのまにやら、早や師走も半ばを過ぎ~。

仕事も雑事も忙しく、更新怠ってます・・ヾ(_ _*)

もう明日は二学期の終業式です。

なんとか、これだけは報告せねば。。。

昨日はちひろの三者懇談でした。

一学期は同席を嫌がってたけど

今回はちゃんと部活を途中で抜けてきて

私の横に座っていました。

先生と、じっくり一時間半以上も話し込んで

外に出たら真っ暗でした。。。さっぶー・・

先週、左手の中指にバンソーコーを巻いて帰ってきたちひろ。

誰に巻いてもらったの?ときくと

ち 「Hくん」

とニッコリ嬉しそうでした。

えー・・・??

ケガをして血が出たら、掻きむしって、どんどん血が出て

それでもバンソーコーなんてとてもつけれなくて

やっとつけても、あっち向いてこっち向いたらはがしてた

あのちひろに?

誰がって、クラスのお友達が巻いてくれたバンソーコー。

そのままお風呂に入ってもバンソーコーを取るのを嫌がり

二日もつけたままでした・・・

後で聞いたら、ドアに挟んで皮がむけて血が出たとかで

そばにいたクラスの人気者のH君が

ちひろの手をとってバンソーコーを巻いてくれて

H君 「ちひろ、はがすなよ!」

と一言、言ってくれたそうで。。。

どうやら、その言葉を守っていたんやね。

嬉しくて、先生を通して、H君にお礼を伝えてもらった話でした。

でも昨日、先生は別に特別なことじゃないと言われました。

「ちひろ君はクラスの中で、別に特別な存在じゃないですよ。

ただ、みんなごく自然に気にかけてる、というか

必要な時だけ声をかけたり、手を貸してる感じです。

確かに彼は周りに恵まれてますが

それはちひろ君自身の力で、周りをひきつけているんです。

ちひろくんの持ってる力ですよ。

そして、自分一人でやれることが増えましたね。

私から見ても、彼はとても成長しています。」

とてもとても嬉しいお話で

横にちひろがいなかったら、泣いてしまったかもしれません。

二学期無事終了。

皆さんのおかげで、

ちひろは毎朝サッカー部の朝練から始まる

中学校に休まず通いました。

そして、冬休みもみんなと同じように毎日、部活があり

年明けには二泊三日の和歌山合宿もあります。

毎日楽しく通えたこと

明日からもまた楽しみなことがあること

それはそれは、とても幸せなことです。

まずは

ありがとうございました。。。

の報告ができること、心からうれしく思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月30日 (水)

嬉しかった週末②

日曜日は大泉へ。

今週は仕事でヘロヘロの波波も一緒に来れてよかったね。

毎週ここで100円ライダーNくんに会えるのも嬉しい。

Nくんが超イケメンだからってことじゃなく。。。

お父さんどうし仲良しってのも珍しいけど、嬉しいことです。

こうやってお父さんたちが勝手にやってられるのは

大泉には、優しいおにぎりくんという中学生ライダーがいて

てっちゃんとりこにも、いろいろ教えてくれるからです。

ちひろはもちろん、

おばはんライダーとも一緒にフェイキーしてくれます。

てっちゃんもハルくんもお父さんとは別行動やし、

父子お互いゆったり。。嬉しいね。

合間にトレイル、BMXレースコースにも行けたし

名物の大きな滑り台ができるのも子どもたちは

嬉しいでしょうね。

しかし今日はもう一つ。

堺名物?の大勢の中学生が見物に集まって来て

ワイワイ言ってるところへ、ちひろがスイーーっとフェイキー練習。

それを

「おー!もっかいやって!」

「すごいすごい!」

とか、ドはやされて、ちひろはすっかり嬉しくて有頂天。

なにしろ、最近のちひろは、同じ中学生とお友達になりたくて仕方ない。

からみたくて仕方ない。

ずいぶん長い時間、ワーワー言われてたけど

他のライダーは迷惑だったんじゃ??

後で大泉ライダーたちに謝りに行ったら

みんな口々に

「いえいえ。

ちょっと心配やったけど、別にバカにされてるわけでもない感じやったし、

楽しそうやったし、よかったですね。」

と。。。。

ちひろをそんな風に見守ってくれる場所が

確かにまたひとつ・・・

Hhikoukigumo

今日嬉しかったこと、それが第1位なのでした。。。(;ω;)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

嬉しかった週末①

土曜日は、子どもたちのサッカーが終わるのを待って

珍しく、というか、子どもを産んでから初めての「飲み会」へ・・

そこは先生とのお別れ会。

特別に子連れ参加でも、快諾してくれた参加者のみなさんのおかげで

最大の恩師N先生に会うことができました。

Photo

先生は、ちひろが二歳の時、母子で何も分からずに入園した

知的障害児通園施設で二年間担任をしてくださいました。

一番大変な頃を一緒に寄り添って歩んでくださった先生と

同じ辛さを分かりあえた懐かしい仲間に会えて

一番搾りのまわることまわること。。。。

ご定年を迎えるとは思えない、変わらぬ先生は

お兄さんになったちひろの姿に目を見はり、

こんな席にも連れて来れるようになったこと、

すごく驚いて、喜んでくださいました。。

在園中に生まれたりこの大きくなったことにも。。

後輩の親御さんたちも

初めてきた場所でも落ち着いて座っていられるちひろをみて

とても感心してくれました。

実はちひろには

「カラアゲあるからね」

だけが頼りでした。

そしたら、みんながカラアゲをくれることくれること・・・(@Д@;

また、現在のいろんな話をし合うと

当時は、寝ない食べない多動が止まらないのちひろが

今は、堂々と落ち着いた中学生になれたこと

改めて

親孝行な息子に育ってくれたと誇りに思い、

本人の成長を支えてくださった多くの方々に

手を合わせる思いでした。。

そこで話題になったことの一つに

「自転車に乗れること」

がありました。

目と手と足と情報認知と・・複数の動作を一緒に脳で処理することが

苦手な子どもたちはとても多いです。

ちひろが、こんなに楽しく自転車に、さらにBMXに乗れているということ

それは、本当にすごい驚きなのでした。。。

ただ自転車に乗れるということの喜び・・

ずっとこの気持ちは忘れたことはないけど

これからもずっと大事な根っこの部分に持ち続けることでしょう。

先生 「今日はちいくんとりこちゃんを連れてきてくれてありがとう!!」

最後に涙を拭いて、力強く握手して記念撮影。

先生に教わった大切なこと

自分自身の苦悩から目線を変えて

本人の気持ちに寄り添うこと・・

時々思い出しては、ブレないよう

これからもずっとずっと守っていきます。。。

Photo_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

ちひろ ちょうちょ結び

ちひろの、ほどけた靴のひもを結んでくれた人は

どんだけいるかわかりません。

手先が異様に不器用だし、結ぶ理屈も分からないし、

「ちょうちょ結び」なんて、できっこないから

一生ベリベリのマジックテープの靴でいいやと思ってたのに

みんなが履いてる「ひも靴」がいいと主張し始めたのは六年生の初め頃。

ベリベリのシュンソクっぽいのを嫌がるようになり

いわゆる「白いスニーカー♪」を選んで履くようになりました。

わーがまーまはー。。oh男の罪ぃ。wowo♪

でも、急にひも靴のひもなど結べっこないし!

というわけで普段ちひろは、大きめスニーカーををズボっとはいてます。

それでひもがほどけてしまったら、

いつでもどこでも誰にでも

ち 「あ、くつ~。ひも結んでください。」

と、言って足を出すようになり

「あ、ちいくん、ひもひも。。」

と、気づいた誰かがちひろの足元にかがんで結んでくれます。。

多分結んだ回数が一番多いのは、りこですが、

おじいちゃんもおばあちゃんも

学校ではお友達も先生もサッカー部員も

近所のおじさんもおばさんも

ちひろより小さな子どもも

自転車では、k島さんも

どこかの店では店員さんも

駅では駅員さんも・・・

みなさん、いつもありがとうございますですm(_ _)m

ちひろは、中学生になってからも

ちょうちょ結びを、ずっと練習してきました。

Photo

そして、先日、ついに、できるようになりました!!!

ちひろの背中を押したのは、サッカーのスパイク。

みんなが練習前に履きかえる、

あの、派手な色のスパイクが欲しい!

えー、でも、スパイクはズボっと大きめを履くわけにいかないよ。

「ひもも結ばれへんのに。スパイクはないわ・・」

と言った磨磨へのドヤ顔、と言ったらなかったです。

おめでとう!ちひろ!

そういうわけで、

念願のスパイク!です。

Photo_2


お店では、

「水色のスパイク!絶対コレ!」

と手離しませんでした。

一年生では一番最後の購入やったみたいやけど

これで堂々と、いちいち結んで履く靴が履けるね!!

そして、何より、今まで黙って手伝ってくれていたみなさま

ありがとうございました。o(_ _)o

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

文化祭の後で

中学校の文化祭は二日間行われ

二、三年生は演劇発表

一年生は合唱

すべてクラス対抗で、

各発表内容を文化委員と先生たちで採点し

順位つけまであったそうです。

「一組、優勝するぞ!!」

と奮起した内容の学級通信が発行されて

ちひろのクラスは当日、歌の朝練まで行うという

気持ちの入れようで、

ずいぶん盛り上がっていた様子でした。

そして発表。。

白い制服姿の合唱隊列の中央にいたちひろ

特に何か目立つ動きをすることもなく

特に大きな声を出すこともなく

ごく自然にみんなと一緒に

「翼をください」

の主旋律を歌い

きちんとピアノに合わせて礼をして、拍手をもらっていました。

はい、ごく自然で普通です・・・

なんて、ごくごく普通な立ち居振る舞いが身についてるんでしょう

いや、

もちろん本人は、みんなと同じでいようと、

とてもがんばっているのかもしれませんけど

誰がみても、そこには普通の中学生の集団だけがいて

特別何か配慮のいる生徒がいるようには見えなかったと思います。

お見事。

結果は優勝できなかったそうですが。。

金曜日の夜、制服のズボンを洗濯しようとしたら

ポケットに一枚の紙切れが入ってました。

Photo_2

「ちひろ、大きな声でうたおう!」

きっとこれは担任の先生からのメッセージ。

ひとりひとりがこの熱いメッセージを握りしめて

本番に臨んだんでしょう。

ちひろもクラスの一員なんだと

感じさせてくれた、小さな紙きれが

普通だったと感じた今日の発表までの

過程に思いを馳せさせてくれました。

Photo_3

みんな、先生、ありがとうございます・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

よんきびう!

よんきびう!よんきびう!・・きんようび♪

今週もバタバタと過ぎて行きました。

まあ、

隙を縫ってガンバも行ったし

(観戦負けなし!首位キープ!ちひろ、食べ過ぎ!)

Photo_6

カボチャパンは膨らみ過ぎたけど、美味しかったね。

Photo_8

庭の膨大な草むしりで熱中症寸前やったけど

松心園にも行ってきました。

Photo

主治医の先生が変わってしまったので

ちひろ本人を一度も見たことがないドクターで

何年分かのカルテの上だけで話すのは違和感があったけど。

それでも

ちひろの中学生活、サッカー部の話を聞いてくださり

「今ちひろくんが得ている経験は

“自信をもつこと”

“人を信頼する”という実体験。

生活のスキルや学力的なことは、あとからでもやれる。

今この時期に、彼は何より得難い経験ができていると思いますよ。」

そういわれて、今はこれでいいんだと

背中を強く押してもらえた気がしました。

さて

今夜のちひろは、今まで一度もやろうとしなかった

ギョーザ包みも自ら「ヤル!」とチャレンジしてました。

Photo_2

小さいころからやってるりこに習って、初歩の円盤型でオッケー。

Photo_4

年季の入ってるりこはかなり上手な本格型です。

でも、ちひろの宇宙ギョーザも美味しかったよ。

2人+1人でやれば、90個もあっという間やったしね。

Photo_3

そして

いよいよ週末は「キッズコンテスト」です。

なんとか家族みんなで行けると思いますが

お天気、心配。。。

明日朝7時集合のサッカーは延期になったりしないかい??

おばあちゃんちにも

お墓参りにも行かなきゃやし~頼むよ~。

ps はい、サンジも散髪しましたワン。

Photo_5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

サッカー部大好き物語

「最近、ちいくんはサッカーばっかりで

自転車は二の次なんやね」

確かにそうです。

この夏休み、すべてはサッカー部が優先でした。

百円にも波波とりこだけで行く、とかが増えたし

ペルージャ遠征も波波とりこだけでしたね。

この週末の台風でも、サッカー部は休まず

ずぶ濡れになって帰ってきました。

・・それはとても誇らしげな顔をして。

Photo_5


でも、よく分かっています。

ちひろの成長は

すべては自転車から始まったことでした。

自転車のおかげで

やりたい気持ちが障害特性の感覚過敏を上回ったり

大切なコミュニケーションとか

ルールを知ること

苦手だった模倣

楽しい仲間とのやりとり

一緒に同じことをするおもしろさ

さらに、難しいことは教えてもらうという向上心まで

え難い経験を積み重ねてこれました。

それが土台にあったから

徐々に体と心の成長を遂げながら

思春期を迎えた今

同じ中学生の仲間と共有できる時間に

最も喜びを感じられるまでになったのだと思います。

あの、人には全く興味もなかった子がです。

どこへ連れて行っても

周りが何をしているかなんてお構いなしで

自分の興味ある部分だけに固執して

誰とも関わらず

奇妙な動きを繰り返し

白い目で見られてばかりいたちひろがです。

ちひろが中学生になるとき

なんでもいいから部活に参加できたら

最も中学生らしい楽しい部分を経験できるのになあ。。。

と案じていました。

サッカー部に入ると決めた時も

先生方に賛成はされず、逆に心配されてました。

「とりあえず、体験入部だけでもいいので、お願いします」

と始まったのが四月の終わり頃。

それが今は

先生 「今朝の朝練でもみんなに怒ったんです。もっと声を出せ!なんでちひろの声しか聞こえてこないんや!ってね。ちひろはいつも一番大きな声を出して練習してますよ。」

サッカーの技術が上手くなくても

休まず真面目にがんばるちひろの姿は

周りのすべての人の驚きであり励みでもあります。

親の私たちだって、ここまでがんばれるとは

毎日練習しんどいだろうに、ここまで楽しそうに

続けていけるとは、思っていませんでしたし。

ちひろは今

「自分が中学生であること」

に大きなプライドを感じています。

だから、同じ中学生の中で過ごし

みんなと同じことができる瞬間瞬間に

最もそのプライドが満たされるのだと思います。

ちひろは、友達と個別に約束して遊んだり、

誘って一緒に何かできることはありません。

だけど

部活に行けば

サッカー部に行けば

自然と友達と過ごせる環境に身を置けるのです。

だから、こんなに一生懸命、サッカー部に通うのでしょう。。

毎日毎日、休みたくない。。

それなのに、中学生の中で過ごせるのはたった三年間です。

どの先輩もみんな

「三年間なんて、本当にあっという間よ」

と言われます。

果たして

義務教育が終わったこの先に

いったいどれ位、ちひろが求める、

楽しいと感じられる環境があるのか

全くわかりません。

だからこのたった三年間

すべてに優先して

友達と過ごせる時間を守ってやりたいと

強く願っています。

サッカー。。

ではなく

サッカー、大好き物語。

どこまでいつまで続けられるかわからないけど

期間限定、三年間しかないお話です。

自転車は波波も磨磨も

この先もずっと一緒に乗れるからね。。。

今は、そんなちひろの思いを

全力でかなえてやりたいと

切に願って、応援していきたいと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧